レンタカー

現地でアクティブに動くためには現地での交通手段を確保することが大事ですよね。さらには現地が公共交通機関ではなかなか行きにくい場所ならば尚更のことです。レンタカーは運転者の体力は使うものの、その機動性の高さは他の交通手段よりもはるかにありますね。

運転者以外に複数名登録しておいて、目的地までの往復のドライバーを交代しておけば体力的な負荷も分散できます。友人同士で盛り上がりながら車を運転するというのもなかなか楽しいもので、旅の楽しみ方が広がるというものです。もちろんできれば安全に運転したいところですのでドライバーにはある程度の運転経験があることが理想です。

特に普段運転している車と違う大きさの車をレンタルすることも有り得るので、余計に運転経験の有無が物を言います。もし全員がペーパードライバーならば極力運転距離を短くするために目的地周辺までは公共交通機関で行って、近くにたどり着いてからどうしても公共交通機関でいけないところにだけ、レンタカーを利用するというのが一番安全でしょう。自分たちで出発時間も決められるので楽といえば楽ですが、その分安全面では気をつけなくてはせっかくの旅も台無しになるというのは意識しましょう。